2020年6月 8日 07:48

RAW現像のソフトを入れた。

デジタル一眼レフによる写真撮影の技法は、とても進化しているようだ。いろいろ調べてみると、その進化の一端を担うのがRAW現像であり、写真の質的向上についてはRAW現像が前提になっているというか、RAW現像とセットで考えたほうがいいという状況らしい。

私も、RAW現像として、ニコンのCapture NX-Dを入れた。これは、ニコンユーザーのための無料でダウンロードできるソフトである。他にはネットで調べると、AI機能を搭載したLUMINARというのに興味を引かれた。AI搭載で、かなり賢い調整機能があるらしい。しかし、これはかなりのPCのスペックを要求する。グラボは必須だし、いろいろ要求がきつい。私のPCでは無理なのでAIは断念した。残念。

ニコンのCapture NX-DもRAW現像ソフトとしては十分な機能をもっている。ニコンのカメラで撮ったRAW画像は、アクティブDライティングなどカメラの機能と同じ機能が搭載されていて、撮影時の調整がシームレスにPCにつながる感じである。今回、JPEGのみでやってみたので、すべての機能は使っていないが、その多機能性は理解できた。

CaptureNX-D.jpg

私はWEBデザインの仕事でPHOTOSHOPを使って、写真の補正をすることはお手の物なので、その延長でやってみた。けっこう使える。無料といってあなどれない。

LCHエディターというのがある。これは彩度を調整する機能であるが、特定の色味だけを調整できる。これは便利だ。画像を見てもらえばわかるが、特定の色味を選択するとき、その範囲を変更できる。鋭いカーブで狭く調整したり、ゆるいカーブで広く調整したりできる。

CaptureNX-D2.jpg

そのほか、部分的に色を調整できるカラーコントロールポイントという機能も便利だ。ただ、色の調整全般については、JPEGでやってみると、それほど劇的に変えることはできないようだ。白く飛んでいる部分は救出できなかった。次はRAWで撮影してでやってみようと思う。

ビジネスウェブデザイナー

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020年12月| 2020年11月| 2020年10月| 2020年9月| 2020年8月| 2020年6月| 2020年5月| 2020年4月| 2019年9月| 2019年5月| 2019年4月| 2018年11月| 2018年7月| 2018年3月| 2018年2月| 2017年11月| 2017年4月| 2017年3月| 2017年1月| 2016年8月| 2016年7月| 2016年6月| 2016年5月| 2016年3月| 2015年12月| 2015年5月| 2015年4月| 2015年1月| 2014年7月| 2014年5月| 2014年3月| 2013年12月| 2013年10月| 2013年9月| 2013年8月| 2013年7月| 2013年4月| 2013年3月| 2012年12月| 2012年11月| 2012年10月| 2012年9月| 2012年7月| 2012年3月| 2012年2月| 2011年12月| 2011年11月| 2011年10月| 2011年9月| 2011年8月| 2011年6月| 2011年4月| 2011年3月| 2011年2月| 2011年1月| 2010年12月| 2010年10月| 2010年9月| 2010年8月| 2010年7月| 2010年6月| 2010年5月| 2010年4月| 2010年3月| 2010年1月| 2009年12月| 2009年11月| 2009年10月| 2009年9月| 2009年8月| 2009年7月| 2009年6月| 2009年5月| 2009年4月| 2009年3月| 2009年2月| 2009年1月| 2008年12月| 2008年11月| 2008年10月| 2008年9月| 2008年8月| 2008年7月| 2008年6月| 2008年5月| 2008年4月| 2008年3月| 2008年2月| 2008年1月| 2007年12月| 2007年11月|
ページトップ