2020年4月

2020年4月18日 21:27

テレワークでスカイプ会議が便利だった。

コロナウイルスの影響で、3月の下旬から、派遣先の仕事がテレワークになった。パソコンを家に持って帰って、自分のネット環境につなぎ、そこからヴァーチャルな会社のLANに接続する。おそらく、それはVPNと呼ばれるものだと思うのだが、VPN接続とは、インターネット上に仮想の専用線を設定し、特定の人のみが利用できる専用ネットワークだ。本社と支社は専用のルーターで結ばれているが、それに自宅から接続できるのだと思う。そのあたり、詳しい説明は何も聞いていない。何しろ、緊急事態宣言が出て、その日のうちに、家に帰って、テレワークするようにという命令だった。

いずれにしても、家のパソコンから会社のLANに接続すると、いままで会社でやっていたのと同じように、作業ができる。不思議な感覚だが、とにかくイントラに書き込んだり、メールを出したり、読んだり、HPを修正したり、ひと通りの仕事はできる。

skype.jpg

通常どおりに家でできるという驚きだが、それ以外では、スカイプがけっこう便利なことが新発見だった。スカイプは電話にもなるし、チャット(インスタントメッセージと呼んでいる)もできる。インスタントメッセージは在席をアイコンで示してくれて、これはとても便利で、従来から重宝していた。それらに加えて、スカイプ会議ができる。これがまた便利だ。そして、デスクトップの共有という機能があり、それもけっこう使える。デスクトップの共有は、リアルタイムで相手のデスクトップを完全に見ることができ、資料の説明、パソコンの操作の説明にとても具合よく使える。

skype_kaigi.jpg

補足

it_tool_ninki.jpg

MMD研究所?スマートアンサーによると、スカイプを在宅勤務時に導入を開始したのは48%

it_tool_ninki2.jpg

在宅勤務時に導入したツールではビデオ会議を導入したという回答がもっとも多い。

スカイプフォービジネスは有料だが、無料のスカイプもある。

SkypeSkype for Business
個人向け無料サービス
25ユーザーまで同時会議250ユーザーまで同時会議
通信内容の暗号化
管理者側からの通信制限可
多要素認証でアカウント乗っ取り防止

機能は以下のとおり。

音声通話・ビデオ通話(テレビ電話)通常の電話のように音声のみの通話も可能ですし、カメラを使ってビデオ通話もできる。また、複数人での同時通話も可能。有料:固定電話、携帯電話への通話
有料:固定電話、携帯電話への通話
メッセージング、チャットメッセージを文字で送ることができ、チャットツールとして使うことができる。無料
デスクトップ共有(画面共有)ビデオ通話をしている際に、デスクトップを共有する機能。同じ画面を見ながら通話できるため、図や写真などを見ながらの説明も容易。無料
ファイル共有チャットをしている最中であっても、wordやexcelなどのファイルを送信・共有することができる。無料(300MB以下のサイズ制限あり)

小規模事業所でも有効活用できると思う。

2020年4月 2日 07:42

アクセシビリティ対策もできます。

アクセシビリティとは、使いやすさや利用しやすさをあらわすWEBの用語として使われる。技術に依存せずさまざまな情報端末やソフトウェアから利用できることをさす。しかし、実際にホームページについて、この言葉が用いられるとき、日本では総務省が打ち出したものとして、つまり、もう少し狭く、障害のある人が、コンピュータの画面を読み上げるスクリーンリーダーなどの技術を利用して利用しやすいウェブのサービスであるといった意味で使われている。 

総務省は、JIS規格の適用を指示している。2016年3月22日に改正された日本工業規格JIS X 8341-3:2016 「高齢者・障害者等配慮設計指針?情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス?第3部:ウェブコンテンツ」に基づいて、高齢者や障害者を含めた誰もが利用しやすい情報の提供を目指している。この規定にもとづき、ホームページをつくることが求められている。

kurumaisu01.gif

さて、前置きはこれぐらいにして、私は派遣先で2年連続、アクセシビリティチェックにもとづくHTMLの修正をおこなった。チェックは専門の業者さんに依頼してやってもらい、その報告書を見て、HTMLを修正するのである。2年連続でやったので、だいたいどういうところが問題で、どのように修正すべきかがだいたい把握できた。もっとも多いのは、リストで記述すべきところをリストで記述するということである。次は、ALTを詳しく入れることだろう。その次は、画像の文字においてコントラストを高くすることだ。

チェックされたとおりに修正するのだが、チェックは厳しい。細かく見ており、重箱のスミをつくように指摘されている。もちろん、それはありがたいことだ。しかし、問題があると思うのは、画像の関係でデザインに関わってくることだ。画像で用いる文字は、かなり濃い色でなければならない。パステルの文字などもってのほかだ。そうすると、デザインの許容範囲がかなり狭められ、不自由になってしまう。

上の画像で黄色い文字「ACCESSIBILITY」を入れたが、このコントラストでは完全にアウトだ。

いずれにしても、アクセシビリティのアドバイス、改善の依頼も受けられますので、よろしく。

ビジネスウェブデザイナー

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020年8月| 2020年6月| 2020年5月| 2020年4月| 2019年9月| 2019年5月| 2019年4月| 2018年11月| 2018年7月| 2018年3月| 2018年2月| 2017年11月| 2017年4月| 2017年3月| 2017年1月| 2016年8月| 2016年7月| 2016年6月| 2016年5月| 2016年3月| 2015年12月| 2015年5月| 2015年4月| 2015年1月| 2014年7月| 2014年5月| 2014年3月| 2013年12月| 2013年10月| 2013年9月| 2013年8月| 2013年7月| 2013年4月| 2013年3月| 2012年12月| 2012年11月| 2012年10月| 2012年9月| 2012年7月| 2012年3月| 2012年2月| 2011年12月| 2011年11月| 2011年10月| 2011年9月| 2011年8月| 2011年6月| 2011年4月| 2011年3月| 2011年2月| 2011年1月| 2010年12月| 2010年10月| 2010年9月| 2010年8月| 2010年7月| 2010年6月| 2010年5月| 2010年4月| 2010年3月| 2010年1月| 2009年12月| 2009年11月| 2009年10月| 2009年9月| 2009年8月| 2009年7月| 2009年6月| 2009年5月| 2009年4月| 2009年3月| 2009年2月| 2009年1月| 2008年12月| 2008年11月| 2008年10月| 2008年9月| 2008年8月| 2008年7月| 2008年6月| 2008年5月| 2008年4月| 2008年3月| 2008年2月| 2008年1月| 2007年12月| 2007年11月|
ページトップ