東京ウェブデザへろへろ日記

ホームページ制作、ホームページデザイン
ビジネス専用
バー
ライン

東京ウェブデザへろへろ日記

スライダーで画像が一瞬、タテに並ぶ問題。
|2014年5月15日 21:43| コメント(0)
きのう、導入したjQueryのbxSlider。とてもいいのだが、問題があるのを発見した。スライダーの画像がロードされて、動き出すまでの少しの間、画像がタテに複数枚、並んでしまう。これは、一瞬とはいえ、カッコ悪い。タテにサイトが広がってしまう。なんとか修正する方法を探った。

ネットでいろいろ検索して、対策をやってみたが、あまりうまくいかない。検索してみると多くの記事が出てくるので、この問題で悩んでいる人は多いようだ。いろいろやってもダメだったので、しかたなく、HTMLでスライダーの記述を入れるところに、直接画像の高さとオーバーフロー:ヒドゥン、マージンボトムを自分の使っている画像1枚分の大きさで、書いた。これで、いちおう1枚分だけの高さになるので、余計な画像は表示されない。

ただ、なんとなくスマートじゃないので引っかかるが。
高さを入れる

サイトをマイナーチェンジした。
|2014年5月14日 14:39| コメント(0)
久々に、当サイトをいじくった。

表紙のメインビジュアルにはフラッシュを入れていたのだが、時代の流れには逆らえないので、JQueryのスライダーに変えた。いまっぽくなったでしょ。

JQueryはライブラリが豊富で、何を使っていいのかよくわからないが、定番ぽいものでbxSlider というのを使わせていただきました。

スライダー全盛時代ですが、たしかにセールスポイントが複数ある企業の場合には、向いている。大企業なら、広告素材がたくさんあるので、1押し、2押し、3押しなどを並べれば、それでいい。他方、セールスポイントがはっきりしないときには困る。小さな商店の場合、セールスポイントを固める必要がある。セールスポイントがうまく固められれば、デザインもうまくいく傾向にあると思う。

そうすると、WEB制作にも広告制作業のセンスが必要になってくる。広告のセンスのないビジュアルが、ただスライドしても面白くもなんともない。

あと、メインビジュアルにちらしっぽいものを求める方も多いが、あんまり安っぽくならないほうがいいのではないか。そのあたりは制作者の意見も聞いてもらえたらと思います。

bxslider

ウェブデザイナー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright (c) 1999-2010 Wasshoi,Ltd., Tokyo Japan, All Rights Reserved.