東京ウェブデザへろへろ日記

ホームページ制作、ホームページデザイン
ビジネス専用
バー
ライン

東京ウェブデザへろへろ日記

オーバーチュアで「配信対象外サイト」登録可能に。
|2009年11月 6日 14:20| コメント(0)

2009/11/06、オーバーチュアで「配信対象外サイト」の登録が可能になった。

すでに何度かエントリーに書いたのだが、オーバーチュアの提携スパムサイトが大きな社会問題になっていた。ポイント目当てのユーザーが、広告には何の興味もないのにクリックを繰り返す。そのたびに課金されるので、広告主は困っていたのだ。おそらく、かなりの広告主がオーバーチュアに苦情をいったのだと思うが、ようやく重い腰を上げたことになる。グーグルはずっと前から、できるようだ。

遅きに失した感もあるが、うれしい新仕様である。さっそく、使ってみた。

 top>アカウント管理>配信対象外サイト

とクリックする。画面をみるとタイトルのところに(テスト公開)と書いてある。本番のものではないようだ。テキストを入力する大きな窓(入力フォーム)がある。

overture01.gif

窓のなかにドメインを入れる。コピペして、どーんと入れる。各ドメインは改行で区切る。WWWがないドメインを入れると、そのドメインのすべてのサブドメインが配信対象外になる。どんどん入れた。これでスパムサイトが駆除できる。あー気持ちいい。スパムサイト一網打尽だ。

関連エントリー
オーバーチュアのクリック品質低下の問題。
オーバーチュアのスパム代理店、その収益モデル。
ますます深刻化するオーバーチュアのスパムクリック問題。
オーバーチュアのクリック品質が低下している。

Jワードにウイルス(のようなもの)を注入された。
|2009年11月 3日 22:02| コメント(0)

昨日、ネットサーフィンしていて、ふと気づくと、Jワードのスパムプログムがインストールされていた。URLを表示する窓の右端に、Jワードの検索の案内が表示されるのだ。どうやら、URLの窓から検索させようとしているらしい。

頼んだわけでもないのに、勝手にインストールするのは、ウイルスと同じで犯罪だ。

Jワードという会社は創立当時から一貫してこのような不正行為をくり返しておこなっている。たび重なる悪行には、キレそうになる。これは、警察で取り締まってもらわなければ困る。おそらく、ネット関係は法整備が現実に追いついていないため、現在の法では、グレーゾーンなのだろう。しかし、これは大迷惑である。

で、Jワードに電話して、苦情をいって、アンインストールの方法を聞いた。

【Jワードのウイルスを削除する方法】

    1. Jワードのサイトヘ行って、表紙の右上のリンクのなかから、「Jwordプラグインのアンインストール」をクリック
      http://www.jword.jp/
    2. アンインストールのページで、大きなボタンをクリック
    3. 再起動する

という方法でアンインストールできる。もし、注入されていたら、速攻でアンインストールしてください。

こういう詐欺的な会社が生き残っているのはほんとうに信じられない。ここは悪名高きGMOグループである。

お年寄りがインターネットをすると、たいてい何もわからないうちにJワードを詐欺的に使わされている。ITの暗部である。

ウェブデザイナー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright (c) 1999-2010 Wasshoi,Ltd., Tokyo Japan, All Rights Reserved.