東京ウェブデザへろへろ日記

ホームページ制作、ホームページデザイン
ビジネス専用
バー
ライン

東京ウェブデザへろへろ日記

アマゾンAPIの仕様が変わる。署名認証に対応しなければ。
|2009年7月23日 12:57| コメント(0)

アマゾンは自社のデータベースを公開しており、一般人がアマゾンのクローンサイトをつくれるようになっている。そのクローンサイトから商品が売れれば、アフィリエイト報酬が支払われる。報酬は3%からはじまり、売上がふえると率もアップするようになっている。

この公開されている仕様が、「Product Advertising API」である。

5月ごろからアナウンスがあったのだが、アマゾンのAPIの仕様が変更される。API の名前がAmazon Associates Web ServiceからAmazon Product Advertising API へ変わったということもあるが、さらに仕様上の重大な変更として、すべてのリクエストに対して Secret Access Key を使った署名認証が必要になる。すべての利用者は、この署名認証に対応しなければ、8月15日以降はAPIが使えなくなる。

私自身もアマゾンショップをもっている。下記参照

素敵市場

見ていただければわかると思うが、リンクをたどって行くと、アマゾンのあらゆる商品にアクセスでき、アマゾンで商品も購入できるサイトである。

さて、このアマゾンショップを新しい仕様に対応させなければならない。署名認証のやり方は、むずかしくてよくわからない。私の場合、PHP4を使っているため、下記のものを参考にさせていただくことにしようと思う。

「ソフト屋 巣」の迷走開発記

そろそろ、重い腰を上げて、取り組もうかな。でも、むずかしいんですよね。


次の記事 → アマゾンAPIの署名認証に挑戦。
前の記事 ← 安いドメインは、ムームードメイン。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


ウェブデザイナー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright (c) 1999-2010 Wasshoi,Ltd., Tokyo Japan, All Rights Reserved.