東京ウェブデザへろへろ日記

ホームページ制作、ホームページデザイン
ビジネス専用
バー
ライン

東京ウェブデザへろへろ日記

グラフィックデザイナーがWEBをデザインすると・・・。
|2009年4月28日 14:33| コメント(0)

グラフィックデザイナーがデザインしたファイルを支給されて、それをHTMLでコーディングするという仕事がときどきある。グラフィックデザイナーがウェブをデザインする場合、共通する問題点があるので、ここで指摘しておきたい。

  1. グラフィックデザイナーがつくるファイルは、多くの場合、文字が小さい。
    ウィンドウズで見ると、文字が小さくて読みづらいことがある。また、ページの左右幅も小さいことが多い。Macではそれでいいのだろうが、現在、Macの使用者は1割を切っているので、スタンダードなウィンドウズに合わせてつくったほうがいいと思う。こういう問題が起こるのは、同じファイルをWINで見たときと、Macで見たときでは、見え方が違うということを理解したいないからである。
  2. 文字のサイズを固定だと思っている。
    ウェブでは文字の大きさは可変であったり、あるいは固定したとしても機種に依存するため、絶対的にファイル上で確定することはしない。文字の大きさは変わりうるということを前提にデザインするため、文字組みにおける改行などは成り行きである。そして、成り行きでもキレイに見えるデザインが工夫されている。しかし、グラフィックデザイナーのつくるファイルは、文字を完全に固定できるものとして、設計されていることが多い。そうしたものは、文字が可変になったとき、レイアウトが崩れてしまうようなつくりになっていることがある。
  3. 微妙な大きさの文字になっている。
    グラフィックデザイナーのつくるファイルは、多くの場合、アドビのイラストレータつくっている。イラストレータは、文字や画像を拡大してもキレイに表示されることが特長である。したがって、文字の大きさを微妙なサイズにしても美しい。しかし、ウィンドウズのウェブで表示されるとき、微妙なサイズのフォントはキレイに表示されない。スクリーンフォントが用意されているのは、おそらく偶数ポイントのみで、それ以外のサイズが指定されているときは、用意してあるスクリーンフォント(これはギザギザである)を拡大か、縮小して表示する。この拡大、縮小した文字がとても汚く、使えたものではない。したがって、パソコンが用意したスクリーンフォントの大きさで指定しなければならない。つまり、10ポイント、12ポイントなどを指定すべきで、12.5pxといった微妙なサイズは避けるべきである。

以上のような問題点が、共通してみられる。グラフィックデザイナーがウェブをデザインするときは、出来上がったものについて誰かウェブデザイナーの意見を聞いたほうがいいと思う。

Fireworks CS4 (V10.0) 日本語版 Macintosh版
アドビシステムズ
2008-12-19

ファイアーワークスのスライス機能がないと、私は生きていけません。ほんと、これ便利。
Dreamweaver CS4 (V10.0) 日本語版 Macintosh版
アドビシステムズ
2008-12-19

ドリームウィーバーがないと、私は生きていけません。大げさですけど。


次の記事 → 情報商材、早くもブーム終焉か。
前の記事 ← ホームページビルダーの困った機能。XHTML+CSSを妨害する件。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


ウェブデザイナー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright (c) 1999-2010 Wasshoi,Ltd., Tokyo Japan, All Rights Reserved.