東京ウェブデザへろへろ日記

ホームページ制作、ホームページデザイン
ビジネス専用
バー
ライン

東京ウェブデザへろへろ日記

オーバーチュアのスパム代理店、その収益モデル。
|2009年3月21日 15:31| コメント(0)

オーバーチュアでスパムクリックを量産して、儲けている代理店サイトは、どのような収益モデルで儲けているのだろうか。

2ちゃんねるの書込みをみていると、その収益モデルのひとつが、アドワーズとオーバーチュアの広告費の格差を利用して稼ぐというモデルのようだ。

アドワーズのほうがオーバーチュアより1クリック当たりのコストは安い。そこに目をつけて、アドワーズで客を呼び、オーバーチュアに流して、その差額を儲けるということのようだ。

その詳細は不明であるが、そうしたサイトには意味のあるコンテンツは何もなく、ただクリックを誘導するだけである。

意味のないサイトにクリック誘導されるのは、ユーザーから見れば、迷惑である。

そのクリックが広告主から見て、購買に結びつく有効なものなのかはよくわからないが、いずれにしてもこれらはスパムサイトである。

これらのスパムサイトが収益を上げられるのは、オーバーチュアと代理店契約をむすんでいるからである。一般サイトはオーバーチュアと代理店契約をむすべない。したがって、こうしたダーティな手法はオーバーチュアが会社の方針としておこなっていることになる。

その点、グーグルはきわめてオープンなやり方で、ダーティな手法をとらない。オーバーチュアは閉鎖的な代理店の囲い込みはやめてグーグルを見習うべきではないのか。

オーバーチュアのスパムクリック問題は、IT業界の暗部というべきであろう。


次の記事 → オーバーチュアのクリック品質低下の問題。
前の記事 ← ますます深刻化するオーバーチュアのスパムクリック問題。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


ウェブデザイナー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright (c) 1999-2010 Wasshoi,Ltd., Tokyo Japan, All Rights Reserved.