東京ウェブデザへろへろ日記

ホームページ制作、ホームページデザイン
ビジネス専用
バー
ライン

東京ウェブデザへろへろ日記

オーバーチュアの劣悪代理店の問題。
|2009年2月 9日 18:29| コメント(0)

オーバーチュアに広告を出すのは、検索結果に連動した広告をYahoo!の検索画面に出したいからという人がほとんどだろう。検索結果に連動した広告は、何かを自主的に探している人がクリックするから、きわめて良質の顧客を連れてくる可能性が高い。

しかし、どういうわけか、けっこうな割合で劣悪な代理店もまたオーバーチュアの広告を表示していて、その広告がヒットされてアクセスがくる。

どういうところから来ているのか、アクセス解析からたどってみると、それはポイントサイトである。

ポイントサイトは、検索するたびにポイントが付与されるため、検索者はポイントを貯める目的でクリックする。したがって、モノを買う気などさらさらないし、そもそも検索する気もないのである。こういう人にクリックされても、普通ならかまわないのだが、オーバーチュアの広告が表示されているため、1クリックごとに課金されるのだ。

これは見逃せない問題である。ポイントサイトのクリック品質はきわめて低いのに、その低品質クリックに金を払わされるのだ。おそらくオーバーチュアに出稿する人はYahoo!の利用者を想定して広告を出しているわけだから、ポイントサイトへの表示は裏切り行為に等しい。

このようなクリックが存在するのは、広告を出す側としてははなはだ迷惑である。メールで要望を出したが、オーバーチュア側は改善する気がないようだ。はっきりとした仕組みは不明だが、こうした劣悪代理店はオーバーチュアと契約して、オーバーチュアとグルになって、劣悪なクリックを大量生産することで儲けているように思われる。これは揺るがせない問題である。


次の記事 → キーワードマッチは完全一致と部分一致、どちらがいいか。
前の記事 ← ドロップダウンメニューと格闘する日々。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


ウェブデザイナー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright (c) 1999-2010 Wasshoi,Ltd., Tokyo Japan, All Rights Reserved.