東京ウェブデザへろへろ日記

ホームページ制作、ホームページデザイン
ビジネス専用
バー
ライン

東京ウェブデザへろへろ日記

Yomi-Search、もうひとつの利用法。
|2009年1月 7日 13:47| コメント(0)

あけましておめでとうございます。

前々回のエントリーで、自前で検索エンジンをつくることのできるフリーのCGI、Yomi-searchを紹介した。そのなかで、Yomi-searchに登録しても、SEOの効果は期待できないと書いた。

今回は、そのYomi-searchの別の可能性について考えてみたい。

たとえば、消費者金融についてのサイトを運営しているとしよう。そのサイトを世間のYomi-searchに登録してもあまり効果は期待できない。そうではなく、自分もYomi-searchを使って、自前の金融関係に特化した検索エンジンを運営する。Yomi-searchを使えば、運営は簡単だ。消費者金融のサイトと同じドメイン、あるいはサブドメインに置けばいいだろう。

徐々に登録者がふえると、その検索エンジンは多くの被リンクを集めることになり、ヤフーやグーグルからも評価されるだろう。その検索エンジンの表紙から、自分の消費者金融のサイトへ特権的なリンクを張ればいい。そうすることで、自サイトの評価が上がるだろう。

つまり、Yomi-searchは登録する側になるのではなく、運営する側になったほうがいいということだ。ひとつのサイトのSEO対策に、検索エンジンを運営するのはあまりにも大げさであるが、おそらく有効だろう。

私はいまのところやっていないのでその効果を実証できないが、今後、試してみようと思う。


次の記事 → リンクのソースをふやすということ。
前の記事 ← 相互リンクの作業を自動化してくれるCGI。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


ウェブデザイナー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright (c) 1999-2010 Wasshoi,Ltd., Tokyo Japan, All Rights Reserved.