東京ウェブデザへろへろ日記

ホームページ制作、ホームページデザイン
ビジネス専用
バー
ライン

東京ウェブデザへろへろ日記

サンドボックス効果って知ってる?
|2009年1月22日 00:30| コメント(0)

最近、新たにドメインを取得し、一生懸命つくってアップしたサイトが、なぜか、Yahoo!の検索結果から消えてしまった。3?4日ほど前のことである。

ほんとうに困ってしまう。アクセスをふやそうと思って、相互リンクをかけたりしていたのに、突然消えてしまったら、途方に暮れてしまう。

どうしようかと思って、ここのところ、ウツな気分になっていた。

で、たまたま見かけた石崎秀穂さんのブログに興味深い記事があった。次のような記事があった。

サンドボックス効果

新しくドメインを取得して、そこにリンクをかけていくと、一時的もしくは永続的に、検索結果から消え去ることがあります。これを、サンドボックス効果と言いますが・・・ちょっと、わかりにくいと思うので、もっと具体的に説明してみます。

そして、このようなことがおこなわれるのは次のような理由によるものだという。

検索エンジン側は、新規のドメインは、スパムの可能性があるとして、新規のドメインのうち、怪しそうなドメインは、サンドボックス(=砂場)に隔離して、経過を見て、「元」に戻すかどうか判断する・・・そうです。
だから、検索結果から消え去ったサイトは、隔離されて、スパムかどうか見られているわけですね。だから、検索結果に出てこないわけです。

困った効果があるものだ。まったく迷惑としかいいようがない。どうしたらいいんでしょうね。

スパムかどうか見ているということだから、着実にページ数をふやしたりして、やる気のあるところを見せたほうがいいのだろうか。

いずれにしても、原因はこれかもしれないということがわかったので、とりあえず、ウツな気分は晴れた。とはいえ、検索はされないので、アクセスはふえない。

そういわれてみれば、かなり前につくった別のサイトは、1年たってから、ようやく検索にあらわれたことを思い出した。1年間はおそらく圏外であったと思う。1年はないだろ、そりゃ長すぎると思う。

ゲスの勘ぐりであるが、Yahoo!(と提携しているオーバーチュア)に広告を出させようとして、わざと検索結果に出ないようにしているのではないか。最近、Yahoo!は広告を集めようと必死だから、そういうこともあるかもしれない。

アフィリエイト、ドロップシッピング、情報起業etc. 時給106万円! ネットで儲ける3つの戦略
石崎秀穂
秀和システム
2008-04-24
平均評価点4.5
コメント:いい意味で見かけと中身のギャップがある
コメント:大変読みやすく、わかりやすく、書かれてありました!
コメント:時給106万というタイトルが派手なので、

●追信2009/1/29
検索結果に戻ってきた。順位は5つ下がった。10?12日ほどの潜航でした。


次の記事 → ドロップダウンメニューと格闘する日々。
前の記事 ← リンクのソースをふやすということ。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


ウェブデザイナー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright (c) 1999-2010 Wasshoi,Ltd., Tokyo Japan, All Rights Reserved.