東京ウェブデザへろへろ日記

ホームページ制作、ホームページデザイン
ビジネス専用
バー
ライン

東京ウェブデザへろへろ日記

「Web2.0」ビジネスって儲からないの?
|2008年10月26日 18:23| コメント(0)

2008年10月22日のgooニュースに以下のような記事が出た。

【コラム】 「Web2.0」ビジネスって結局、ぜんぜん儲からないの?

2008年10月22日(水)15:00
次世代ウェブサービスの象徴として「Web2.0」なる言葉が流行し始めたのは、2005年ごろから。"集合知"や"ユーザーによる情報発信"をキーワードに新サービスが次々誕生し、そのいくつかは僕らのネットライフにすっかり定着した。今や「SNS」で友達と交流し、知らない言葉は「ウィキ」で調べ、テレビのように「動画投稿サイト」を眺めるのは、ネットに慣れたユーザーにとって珍しくもない日常だ。

だが、Web2.0サービスが広まったにもかかわらず、「Web2.0ビジネス」はごく一部を除いて儲かっていないらしい。そのものズバリな社名を冠した「株式会社WEB2.0」が"サービスの収益化が困難"として解散を発表したのも印象的だが、500万人以上のユーザー数を誇る「ニコニコ動画」ですら、黒字に至っていないというから驚きだ。

そうか、儲けているのはグーグルなど一部だけで、他は儲かっていないのか。グーグルがうまく儲かったのも偶然によるものかもしれない。グーグルのサービスの革新性と有用性は素晴らしく、創業者の天才的な頭脳には敬意を表するが、そこに収益性が加わったのはたんなる偶然のように思われる。なぜなら、グーグルが買収したYouTubeは期待通りの収益を上げておらず、思惑がはずれているからだ。さまざまな偶然が重なって、莫大な利益がグーグルに集中しているというのが事実であろう。

では、どうすれば儲かるのか、みんな必死で考えているはずだ。とはいえ、ひとつたしかなことは普通の人びとがインターネットで儲けるためには、それぞれのアイデアで集客し、そこでグーグルのアドセンスによって収益化する方法が有効であるということだ。つまり、グーグルはわれわれ庶民が儲けるためのインフラを整備してくれたのだ。そのインフラの上にどのようなコンテンツを乗せるかは、あなた次第である。

グーグルは自ら儲けるだけでなく、かつ庶民を儲けさせるインフラをつくったという意味で偉大である。


次の記事 → 勝間和代の手帳2009、発売中。
前の記事 ← カラーミーショップ!プロを使ってみた。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


ウェブデザイナー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright (c) 1999-2010 Wasshoi,Ltd., Tokyo Japan, All Rights Reserved.