東京ウェブデザへろへろ日記

ホームページ制作、ホームページデザイン
ビジネス専用
バー
ライン

東京ウェブデザへろへろ日記

オーバーチュアの最低入札価格が高騰。
|2008年8月17日 01:45| コメント(0)

私はオーバーチュアを利用して、広告を出稿している。1週間ほど前のことだが、オーバーチュアからメールの通知がきた。最低入札単価が上がり、近日中に表示されなくなるワードが多数あるという通知であった。オーバーチュアのページへログインし、ダッシュボードをみると、たしかに最低入札価格が上がっている。それも、大幅な高騰ぶりである。私の場合、2倍?8倍ぐらいに上がっている。

全体に2割ほど入札単価を上げたが、単価上昇幅はそんなものではないため、それではまったく追いつかない。結局、ほとんどのキーワードを削除せざるをえなかった。

これではあまりに単価が高すぎると思う。

グーグルのアドワーズの場合なら、単価が上がれば、アフィリエイターが喜ぶので、それもよしである。しかし、オーバーチュアの場合、アフィリエイターはほぼ関与していないだろう。

素人考えで想定すると、これほど単価が上がるのは、オーバーチュアがヤフー検索の結果ページへの依存率がきわめて高いことに原因があるのだろう。入札価格は需要と供給のバランスで決まる。グーグルの場合、おそらくアフィリエイターがどんどんふえて供給が多いため、単価は上がらず、どちらかといえば、単価は下がっているという声もあるほどだ。

それに対して、オーバーチュアは需要がふえても、供給のほうが、ヤフー検索の結果ページのみに表示するのなら、ふえることがない。したがって、いびつに価格が上がるのだろう。

困ったものである。この問題の根本には、日本人の「検索はヤフー好き」という世界的にみて異例の現象が関係している。それが変われば、また状況は変わるだろう。ただし、いまのところ、日本人の「検索はヤフー好き」現象は根強いものがあると私はみている。

オーバーチュア & LPO対策テクニック (アクセスアップ)
永松 貴光
翔泳社
2008-01-24
平均評価点4.0
コメント:何のためのホームページか?を考えさせられる


次の記事 → レンタルショッピングカート「Xcart」を設定してみた。
前の記事 ← ドメイン年齢とは?

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


ウェブデザイナー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright (c) 1999-2010 Wasshoi,Ltd., Tokyo Japan, All Rights Reserved.