東京ウェブデザへろへろ日記

ホームページ制作、ホームページデザイン
ビジネス専用
バー
ライン

東京ウェブデザへろへろ日記

ドメイン年齢とは?
|2008年8月 8日 18:36| コメント(0)

最近、SEO対策のひとつとして、「ドメイン年齢」が問題とされるようになってきた。

ドメイン年齢とは、ドメインを取得してから経過した年数であり、ドメインの古さである。

Yahoo!Japan、Googleともに検索エンジンは、検索の順位を決定するとき、ドメイン年齢を材料にしていするといわれている。エイジングフィルタといわれ、新規ドメインのサイトは上位に入らないようにふるいにかけられている。統計的な調査によれば、Yahoo!Japan、Googleとも、100位以内にランクインしているサイト数は、1年未満と2?3年未満のサイでは、そのサイトト数に2倍以上の差が出ている。

つまり、ドメインを新規にとってから1年以内のサイトは、順位が上がりにくい。逆に、1年以上経過したドメインは古くなるほど評価され、順位が上がる。

こうした検索エンジンの傾向にいち早く反応した人びとによって、最近は古いドメインが売買されるようになっている。たしかにサイトを立ち上げてから、1年間はSEO的に不利になるのであれば、これは問題である。サイト立ち上げにかかった費用を、できれば最初の1年間で回収したいと考える人が多いと思われるが、ドメインが若ければ、その可能性はかなり低くなる。それなら、古いドメインを買って、最初の1年目から投資費用を回収したいと考えるのも無理はない。

実際、いくらぐらいで売買されているのかは知らないが、投資回収を急ぐ場合は、購入を考慮に入れるのもいいかも。


次の記事 → オーバーチュアの最低入札価格が高騰。
前の記事 ← レスポンスの多い入力フォームのつくり方。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


ウェブデザイナー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright (c) 1999-2010 Wasshoi,Ltd., Tokyo Japan, All Rights Reserved.