東京ウェブデザへろへろ日記

ホームページ制作、ホームページデザイン
ビジネス専用
バー
ライン

東京ウェブデザへろへろ日記

テキスト修正のポイント。
|2008年4月 7日 20:01| コメント(0)

前回のつづきである。

ホームページの制作はプロに依頼して、その後の更新は自社でおこなうための方法についてである。そのホームページをホームページビルダーで更新する方法である。

ホームページビルダー12では、完全cssの表示もかなり改善されているらしい。その詳細なレベルはわからないが、とりあえず表示はされるようだ。

まず、ホームページビルダーで制作済みのホームページのファイルを開く。プレビュー画面に表示されていれば、そのテキストを修正すればいい。次にブラウザーできちんと表示されているかをチェックする。そして、FTPでファイルをアップロードすれば完了である。

IBMホームページ・ビルダー12 [発売記念通常版] 書籍セット
ジャストシステム
2007-12-07

テキストを修正するときの一般的な注意を述べておきたい。

  1. ホームページのフォントの大きさは、OSによって異なる。
    フォントの大きさをピクセル数で指定した場合、マックではWINよりやや大きい。したがって、文を入れたとき、改行されるところが、WINとMACでは異なる。同じように改行されていると思ってはいけない。つまり、強制改行はあまり使わない、強制改行を使う場合には、改行位置が変わることに留意する。
  2. スペース(空白)をレイアウトに使わない。
    これは、ワープロでも同じ。日本人の場合、見出しに対して、本文を数文字分インデントしたいというニーズが大きい。しかし、それをスペースを入れることによって実現してはいけない。新たにcssのクラスをつくるのがベターであるが、そのやり方がわからない場合は、インデントはやめてすべて左側でそろえるのがいい。
  3. 機種依存文字に注意。
    ビジネス文書ではまる1、まる2といった記号を使うことが多い。しかし、この記号はWINとMACではアスキー番号の割当が異なるため、同じように表示されない。したがって、使うのをあきらめて、(1)(2)といった表記に変更する。

実用上でとくに重要だと思われるのは以上の3点である。テキストが多い文書であっても、プロとアマのちがいは一般に思われている以上に大きい。上記3点に気をつければ、レベルアップまちがいなし。


次の記事 → WEB初心者とWEB上級者の差が拡大している。
前の記事 ← ホームページを自分で更新したいというニーズ。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


ウェブデザイナー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright (c) 1999-2010 Wasshoi,Ltd., Tokyo Japan, All Rights Reserved.