東京ウェブデザへろへろ日記

ホームページ制作、ホームページデザイン
ビジネス専用
バー
ライン

東京ウェブデザへろへろ日記

小規模事業者の救世主、「オーバーチュア」。
|2008年2月 2日 20:41| コメント(0)

「オーバーチュア」という日本人には発音しにくい名前のサービスがある。ネット上では「伯母ちゃん」などともよばれているが、もうすでに有名である。

オーバーチュアというのは社名で、Yahoo! JAPANの検索結果に、3行広告のような広告を表示するサービスが商品であり、商品名は「スポンサードサーチ」という。

これは検索連動型広告、あるいはリスティング広告などと一般によばれるもので、ヤフーの検索画面に検索語に合った広告を表示させるものである。クリックされた数だけ、料金が発生する。つまり、広告の効果が明確なことが、いままでのメディアにはなかった特長である。

私も実際、このサービス利用しているのだが、使ってみた実感として、きわめて画期的なものであり、感心することしきりである。画期的なことは第1に、小規模予算で広告が打てる。個人商店や小さな自営業者でも、全国広告が打てるため、大企業と勝負できる。

第2に、料金が入札制を取り入れており、その仕組が合理的である。人気のあるキーワードは高くなり、人気のないキーワードは安い。経済合理性がみごとに貫かれている。

第3に、予算のコントロールが容易である。予算の上限を日ごとに定めることができ、また、広告のキーワードごとに予算を定めることができる。そして、クリックされた分だけ支払いが発生するので、ムダがない。

というわけで、参りました。ほめるしかない。このサービスはほんとうに素晴らしいと思う。小規模事業者の福音である。月に1?2万円の予算でも可能なので、試してみてほしい。

オーバーチュア広告  


次の記事 → ブロードバンドの普及率って、いま、どれくらいだろう。
前の記事 ← ネットでつくるオリジナル写真集。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


ウェブデザイナー
最近のエントリー
アーカイブ
Copyright (c) 1999-2010 Wasshoi,Ltd., Tokyo Japan, All Rights Reserved.